もうすぐ梅花祭ですね。

【2/25(土)は梅花祭】

 相変わらずしとしとと雨や雪の日が続く京都ですが、少しずつ春の気配も感じられるようなニュースを聞く機会も増え、私もウキウキお出掛け気分が目を覚まし始めて参りました。
 今回は、ご紹介するのは梅花祭です。

梅花祭
2012年2月25日

天神さんの梅
(写真提供:KYOTOdesign )

祭典 10:00から約50分間<於本殿>
茶会 10:00→15:00 野点(のだて)<於三光門前広場>

 皆さん足を運ばれた事はございますか?
 私は一昨年に行きましたが、昨年は行けず終いでしたので、今年こそはまた行ってみようと思います。

 <北野天満宮の梅花祭とは>
 御祭神の菅原道真公の祥月命日に行われる祭典です。
 菅原道真公は延喜3年(903年)2月25日に薨去され、この縁により毎月25日を縁日としています。
 特に祥月命日に当たる2月25日は「梅花祭」と称し、「梅花御供」を神前にお供えして、その御遺徳を偲んで行われる厳粛な祭典です。

 「梅花祭」は、古くは菜種の花を供えて「菜種御供」と称していましたが、明治以降新暦になって、菜種に代わりに梅の花を用いたことから、次第に「梅花御供」と呼ばれるようになったそうです。

「梅花御供」
 梅花御供は、四斗の米を蒸し、大小2個の台に盛ったもの(大飯、小飯)と、白梅、紅梅の小枝を挿した紙立を、男女の厄年に因み、白梅42本、紅梅33本を2台に分けて御神前にお供をします。

 梅花御供は、約900年前から続く伝統行事で、神職が神前に梅の花を供える神事です。
 皇后陛下の御代拝として宮内庁京都事務所の所長が参拝されます。
 他にも、豊臣秀吉が北野大茶湯を催したことに因んだ「梅花祭野点大茶湯」が開かれ、近くの花街の芸舞妓らが艶やかな着物姿で参拝客にお点前を披露します。
 こちらも結構見物なんですよ!

 詳細は北野天満宮のHPにてご確認下さいね。
北野天満宮(←ココをクリックして頂けるとHPが開きます。)

 梅花祭は京都に春を告げる伝統行事となっております。
 一足先に春の気配を楽しんでみるのは如何ですか?
 
 着物を着て散歩がてらにちょっと寄ってみようかしら……なんて言う方は、ぜひカフェぞうりをお供にしてあげて下さい。
 小紋などの格であれば問題なくお履き頂けますし、境内の砂利道も怖くなくなりますよ。
カフェぞうり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)