ゆかたでおでかけ⑤ 京都五山の送り火

 こんにちは。
 夏真っ盛り、皆様はどんな夏休みをお過ごしでしょうか?

★8月16日は「五山の送り火」です。

大文字
 荘厳な夏の夜を演出する「五山の送り火」。

 8月16日夜、夏の夜空にくっきりと浮かび上がる「五山の送り火」は、元来お盆の精霊を送る宗教行事ですが、祇園祭と並び京都の夏を彩る風物詩として全国的にも有名です。
 この日を迎えると京都の夏は終わりに近付く感じがしますね。
 実家で家族とゆっくり過ごすという方も多いのではないでしょうか。
 
 点火時間は午後8時より、各山とも約30分間。

 市内のビルが照明を落とすと、まず東山如意ヶ嶽に大の字が浮かび上がります。

 続いて、松ヶ崎の西山に・東山に、西賀茂船山に船形

 衣笠大北山に左大文字、最後に嵯峨曼荼羅山に鳥居形が点ります。

 
 皆様はどの場所から送り火を見るのでしょうか?

 私の住む場所から程近い所に、五山がほぼ全て見れるスポットとがあります。
 それは船岡山公園頂上(ただし鳥居形は見えずですが)です。小高い丘から少しずつ灯っていく光景は見ものです。

 是非、彩りの浴衣姿で幻想的な風物詩を楽しんでくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)